アドセンスに要注意「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」の解決方法

アドセンスに要注意の警告「ads.txtファイルが含まれていないサイト」これってなに?

adstxt作り方

SNSでも話題になっている、アドセンスの要注意警告ボックスが私のところにもやってきました。

アドセンスadstxt

人によってはメールにもその旨の注意が届いているようなんですが、私はアドセンス管理画面のみ。
とりあえず放置でも大丈夫という意見も散見されますが、ヘルプを見るとads.txtファイルを設置して
ads.txt で認定販売者を宣言する
というページに誘導されるのでそれにならって設置しました。

 

認定販売者を宣言をするとは
サイトにデジタル広告を掲載する際、サイト管理者が広告枠に表示させる業者を認定をしてあげることで、広告枠の販売者を厳密に管理することができます。
ads.txtを使用することでニセの広告枠に収入が流出することを防ぐことが出来ます。

 

ads.txtはWindowsのメモアプリでも簡単に作ることが出来ますが、サーバーに直接ファイルを作成するのが手っ取り早いので、ロリポップをご利用の方の参考になれればと思います。



まずはサイト運営者IDを確認する

ファイルを作成するのにアドセンスのサイト運営者IDが必要なのでまずはそれを確認してコピーしておきます。

adstxt作り方

アドセンス管理画面の アカウント からサイト運営者ID【pub-0000000000000】を表示させておきます。

adstxt作り方

その状態でブラウザの新しいタブを開いてロリポップサーバーにログイン。

FTPでサーバーのワードプレスのあるフォルダ直下に直接ads.txtを作成する

ロリポップの サーバー管理設定>ロリポップ!FTP を選択し

adstxt作り方



ワードプレスがインストールしてあるフォルダに移動。

ads.txtを新規作成します。

adstxt作り方

テキスト部分に

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

0000000000を先程調べたIDに変更して1行で貼り付けまたら【保存】をクリック。

ワードプレスのインストールしてある階層に ads.txt ファイルが出来ていれば完成です。

adstxt作り方

“ads.txt” が正しく設置されたか確認する方法

ファイルの設置が完了したら、ただしく設置されたかを確認します。

自分のサイトのURLの後ろに https://*****.com/ads.txt と打って先程つくったテキストの内容が表示されればOK。
あとはクローラが訪問して認識されるとエラーは非表示になります。

設置後ファイルがシステムに反映されるまで、一般的には設置後48時間以内となっていますが、それ以上時間がかかる場合もあるようで、中には一週間後に警告の表示が非表示になることもあるそうなので気長に待っても問題なさそうですね。
私はファイルを作成して2日目にはエラーが消えました。

ちなみに、このエラーは「重大な影響が出ないように、この問題を今すぐ修正してください」などと恐ろしい警告文ですが、広告の配信が止まることはないです

「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」の表示は、ads.txtが設置されていないことについての警告ではあるのですが、ads.txtが設置されていないために広告配信が止まることはありません。(設置されていて、設定に問題があると広告配信が止まることはあります。)
フォーラムより引用

ただ、偽の広告枠が広告主に提供される可能性がある限り、放置すべきでないような気がしますね。

 

コメント