アマゾンアソシエイトの審査が通らない!その対策

アマゾンアソシエイトプログラムの審査になぜか通らない

アフィリエイトをはじめたらまずは申請したいのは

  • 楽天アフィリエイト
  • アマゾンアソシエイト

だと思います。私もなにもわからないまま「そういうものか」と最初に提携したのはこの2つのサービスとA8.netでした。

ところが、実はアマゾンアソシエイトは審査がちょっと厳しいというのを最近知りました。

なぜアマゾンアソシエイトは審査に通りにくいのか?

これはおそらく申請する時期で左右するものだと感じています。
もちろん、基本的なASPに審査お伺いをたてるための最低限の準備が足りないとNGになるんですが、あらためてアマゾンアソシエイトへの参加条件を調べてみても特筆すべき注意点というのが無いんですよね…。

アマゾンアソシエイト・プログラムの使いかた
はじめての方へ
1. お客様が運営されているホームページやブログのURLを用意する
2. 申し込む(5分)
3. 好きな商品を紹介する(無料)

まず参加方法の記述はこれぐらいですもんね。

しかも

”アソシエイト・プログラムへのお申し込みは5分程度で完了します”

なんて、何度も審査に落ちている人には癪に障りそうな記載まで見つかります。

トリコ

まるで「簡単!あっという間にプログラムに参加できます!」とも言わんばかりの「5分」の文字。

まあこれは、申請の手順がシンプルですよの意味なんですが、ハードルは全く高くないイメージ。

さらに読み進めると

新規アカウントを作成するとAmazonアソシエイトチームは登録時に申請したウェブサイトやモバイルアプリケーション、ソーシャルメディアのページを審査し、 カスタマーエクスペリエンスを加味して参加を認めて問題がないかを審査します。すべてのサイトは(広告が削除されても)問題ないようなオリジナルのコンテンツが必要です。 記事数の目処として約10件の記事をご用意ください。 審査対象のウェブサイトやアプリケーションは公開されており、アクセス可能である必要があります。

との記載もありますが、これは基本中の基本でサイトで広告を載せようとする人なら誰でも簡単にパスしそうなものです。このことから、審査が通過しないのは審査員がハズレだったぐらいしか考えられない気がするんですよね…。

実際、審査が厳しいと言われはじめてからも知り合いの申請手続きを代行しましたがすぐに通過しました。
記事も7記事くらいの作成して間もない日記のようなサイトで、カスタマーエクスペリエンスを加味しているかも微妙なレベルで、です。
また、何も修正しないまま二度目の申請をしたら通過した、という意見も散見されます。

一度、申請不通過になるとしばらく入れない? 手っ取り早くアマゾンアソシエイトと提携する裏技!

ところが、きちんと作り込んでASPなどの広告も外して再申請に挑んでもやはり落ちてしまう人が結構いるんですよね。
これはもしかすると、過去にリジェクトされた人を簡単に通過させないというような時期もある・・・?という気もします。

こればかりはもう作り手としては手立てが無いので、どうしてもすぐにアマゾンと提携したい!という場合は他ASP経由でアマゾン申請をするのが手っ取り早いです。
一部では定番の策になっているのは、もしもアフィリエイト経由でのアフィリエイト申請。
ここからの審査通過率がものすごく高いのです。

ちなみにもしもアフィリエイトにおけるAmazonの審査条件は

・提携審査には数週間かかる場合がございます。
・作成されたばかりの未完成サイトや、運営がされていないサイトは提携できません。
少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。
・過去に問題があり提携解除された方は、他のサイトであっても再提携できません。

となっているので、本家アマゾンよりも5記事少ないですね(笑)
しかも、数週間とありますが先日審査に通過した友人は3日ほどで審査通過になったそう。

また、もしもアフィリエイトは確定した最小振込額が1,000円というのも安くて有名ですね。
取扱広告のジャンルは少しクセがあるように思えますが、アマゾンを利用するためだけでも利用価値はあるんじゃないでしょうか。

また、最近は広告作成もすこし変化して楽天との比較広告も簡単に作れるようになりました。


こんな感じ。

大手通販サイトはこんなふうに並べて表示させると意外とクリック率があがって効果もあるのでおすすめです。

コメント