GWしまなみ海道 釣り行脚その2

スポンサーリンク

しまなみ海道・因島で夜のキス釣り。相変わらず釣果は渋い

しまなみ海道釣り

しまなみ海道釣り行脚その1 つづき。
しまなみ海道では常宿になりつつある因島のビジネスホテルにチェックイン後、日中の渋い釣果を埋めるべく夜釣りに出かけました。
夜の海沿いをうろうろしていると、おじさんが一人港で糸を垂れているところに遭遇。
ということで私も便乗させてもらいました。

ところが生憎の小雨がパラついてきて、そこそこのキス一匹の釣果で引き上げ。

因島 キス

地元で釣ったら間違いなくお持ち帰りサイズだっただけに、旅行中(しかもビジネスホテル泊)のつらいところはリリース必須ということだね。

ある程度のお宿に宿泊する釣り客なら厨房に無理いって調理してもらう、なんてこともするようですが宿業務をやっていたことがある身としてはそういうわがままが言いにくいというのもあるんですよねー。

スポンサーリンク

被災した真備町-雨の倉敷美観地区

翌日は降ったりやんだりのぐずついた一日。
釣りはお休みして、河川の氾濫で被災した真備町を経由して一度ゆっくり行ってみたかった倉敷・美観地区へ。

実はGWは真備町にボランティアで参加しようかとも思っていたんだけど、もうあらかた片付いたのかあまり作業の情報を聞かないので旅行に出てしまったんですよね。

でも、いざ行ってみるとまだまだボランティアは活動していてのんきに旅行してしまったことを少し後悔しました。以前の状況は知らないけれど、河川は水道が消えているのか野草が繁茂していて「河川」にはみえない姿でした。

真備町 被災地

川沿いの町は一見静かで平和ですが、家屋の1階が打ち抜きで抜け殻になっている建物ばかり。
東北震災の仙台空港付近の風景をふと思い出した。

真備町 被災後 真備町 被災後

その後、小雨の降る倉敷・美観地区を散策。

倉敷 美観地区 倉敷 美観地区 倉敷 美観地区日本にはいくつも歴史的建造物の保存地区というのもがあるけれど、水辺があるのは良いね。
できるならもうすこし天気が良いときに再訪したいところです。

翌日は姫路に移動して、姫路城散策。
姫路城からの眺め 姫路城

いや、恥ずかしながら播州皿屋敷のお菊の井戸が姫路城の敷地内にあることを知りませんでした!
深い井戸だったなあ。お菊さん、成仏してくださいね。

播州皿屋敷 お菊井戸

スポンサーリンク

平磯海釣り公園はレンタルタックルもあり施設も充実のファミリー向け釣り公園

さて、今回の旅では行き当たりばったりで港に寄っては釣り糸を垂れていたわけなんだけど、釣果が渋いのでこれは海釣り公園しかない!
ということで、神戸の平磯海釣り公園に行きました。

ここは国道沿いでアクセスもよく「海釣り公園」というだけあって施設がしっかりしていますね。

ということで足場もよく家族連れが多いです。
駐車料金が乗用車4時間で500円、釣り料が大人1,000円(4時間)子供600円なので大勢で来るとなかなかの料金だよね。

さぞ爆釣が期待できるのかと思いきやそうでもなく(笑)内容もこんな感じ。

うん、カサゴ、フグなら地元と同じだね…まあ釣れないよりは良いけどさ。

平磯海釣り公園

公式サイトの釣果を見るとGWにはチヌ、コブダイ、カレイ、ウマヅラハギなんかも釣れるみたいですが、この日はまわりもあまり釣れてる様子もなかったです。
潮目も悪かったのもあるんでしょう。

GWの大物狙い西の海めぐりの旅は、渋めの釣果で終了しました。

海を変えれば釣れる!というのは甘い妄想だったようで、どこにいっても腕による、ということなんでしょうかね(笑)

次回はもうすこし腕を上げて再チャレンジしたいと思います!

スポンサーリンク

コメント