アルソックのみまもりタグは地域の協力が必要

スポンサーリンク

ALSOKのみまもりタグ。月額料が安いけどどんな仕組みなの?

認知症において運動機能の低下が無いときに問題になるのは遠方への徘徊です。
認知症状が出ていない状態で出かけた後に、突然はじまる脳の混乱への対応は非常に難しいなと感じます。

みまもりのサービスにはいろいろありますが

徘徊みまもりGPSサービスの比較一覧
徘徊,見守り,GPS,GPSサービス,認知症,みまもり

ひとつ面白いなと思ったのが、アルソックのみまもりサポートのひとつである ALSOKのみまもりタグでした。

みまもりタグ

Bluetooth機能のついた位置検索タグを身につけることで、過去にいた位置情報を把握するサービス。GPS端末ではないのでバッテリーが長寿命だが、感知器がまわりにないと摘む。

このサービスの最初の印象は正直これでした。

GPSであれば衛星をキャッチする環境にいればどこでもリアルタイムな位置情報を把握出来ますが、ブルートゥースだと電波をキャッチする端末が近くにないとダメだよね

Bluetoothの電波は20M程度四方でしか受信できないので、これでみまもりをしたいとなると個人が受信機を、対象者の行動範囲と思われる場所にいくつも設置しなければならなくなります…

イメージとしてはこうです

こんな現実的でない商品がどうして作られたのだろう?
しかも一度タグを購入してしまえば月額250円~程度で利用出来るなんてどういうこと?と思いませんか。

実は自治体やボランティアのおかげでなりたつサービスでした

調べてみると、このみまもりタグは自治体を絡めた実証実験がいくつも実施されているんです。
このタグは建物に設置された感知器の他に、スマホにインストールされたアプリで電波が受信されて通知されるシステムです。そこで、実証実験では該当するまちに

  • 各拠点施設に感知器を設置
  • ボランティアにそれぞれアプリをインストールしてもらう

という方法をとり、エリア内に受信基地を増やして実験されていました。

アプリによる協力者はボランティアで募り、インストールされたスマートフォンはGPSを常にONにして位置情報も公開にしてBluetoothもONにしなければならないという条件があります。
いまや他のアプリでもGPSや位置情報はほとんどで利用されているのでほぼ問題なさそうですが、端末によっては常にBluetoothをONにしておくというのはバッテリーの消費に大きく影響してしまうのでこれはウィークポイントになりそうな気がしますね。

また情報提供者になると自分の「位置情報」も把握されてしまうことにも違和感がありますが、そこはデータを集約するアルソックさんを信頼するしか無いということでしょう。

徘徊する家族をもった身としてはむしろアプリを入れて協力者になってあげたいので、近隣での利用状況を把握してみたいとは思いました

実証実験はまだ継続中のところもあり(平成31年3月まで)最終的な効果はまだわかりませんが、実験の結果うまく活用出来そうなのかなどレポートを読んでみたいものです。

徘徊みまもりGPSサービスの比較一覧
徘徊,見守り,GPS,GPSサービス,認知症,みまもり

みまもりタグの利用を検討中で実証実験該当エリアなら検討の余地あり

上記の理由から、みまもりタグの利用には該当地域にそれなりの数の感知器が設置してあり、なおかつボランティアのアプリの協力者が多数いて徘徊エリアをカバー出来ているならば検討の余地ありだと思います。

自分のエリアでの感知器の設置やアプリの協力者の数などは担当者へ直接問い合わせになるそうなので、まずは資料請求をしてみることをおすすめします。

個人的な今後の展開に期待したい点

この仕組みは、かさばるGPS端末(しかもバッテリーの充電が頻繁に必要)ではなく電池消費量の少ないBluetoothの小さなタグを持つという方法で、対象者の負担を大きく軽くしたものです。
おそらく機構的にも安価で作れるので安く運用できるのでしょう。

問題はやはり

  1. 電波を受信する感知器の設置場所が複数必要
  2. スマホアプリの協力者がその街にたくさんいる必要がある

ということでしょう。
いくらボランティアが増えても、アプリインストールされたスマホを持ってエリア外に出てしまっては意味がありません。とはいえ、インストールした人はなるべく街にいてください、という訳にもいきません。

ということで、中継の受信局を増やすために企業や国に協力してもらわないといけないのでしょうね。

たとえば

  • アルソックの他のセキュリティの契約者が設置している機械の一部にその機能を組み込む
  • スマートフォンにその機能をデフォルトでつける
  • 車のナビなどに標準機能として搭載する

などなど。こっそり忍ばせるのは問題ありますが、ペットの迷子などにも利用できるしあくまでも徘徊タグをつけたもののみに限定されるという条件をつければ悪用しずらく、いずれは皆がいちどはお世話になる機能という理解が広がると良いですね。

一番良いのは全国の携帯の電波基地局のようにアルソックが設備投資してくれたら良いんでしょうが、きっと月額5,000円くらいに跳ね上がるでしょうね(笑)

コメント